熟田津に(額田王)

短歌 に関する記事

熟田津に 船乗りせむと 月待てば
潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな 額田王

■ 訳

熟田津の港から船に乗ろうと月の出を待っていると、その時を待っていたかのように潮も満ちてきました。
さぁ、今こそ出航の時です!

■ 解説

「熟田津(にきたつ)」は現在の愛媛県松山市古三津町付近にあったとされる港で歌枕、「月待てば」は月の出を待てば、「かなひぬ」はちょうど、ぴったり合う、「今は」は今を置いて他に無い、今こそ、「漕ぎ出でな」はさぁ漕ぎ出そう(勧誘)、をそれぞれ意味します。

■ この詩が詠まれた背景

この詩は万葉集 第一巻 (雑歌 8首目)に選歌されています。
題に「後岡本宮御宇天皇代 天豊財重日足姫天皇位後即位後岡本宮」(後岡本宮で治世を行われている天皇の時代 斉明天皇即位 後岡本宮)とあります。

この詩は当時友好国であった百済が新羅、唐の連合軍に攻められ、その救援に向かう際に詠まれた詩とされています。
斉明天皇はすでに高齢でしたが、この戦いのために朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや:現在の福岡県朝倉市内)に遷都しています。

■ 豆知識

作者は額田王(ぬかたのおおきみ)です。
岡本宮(飛鳥岡本宮)は飛鳥京跡にあったとされる舒明天皇が住んでいた宮殿ですが、火事で焼失しています。
後に舒明天皇の妻であった斉明天皇が即位して同じ場所に建てたとされており、この宮殿を後飛鳥岡本宮と呼びます。(この宮殿もまた火事で焼失しています。)

倭国・百済連合軍と唐・新羅連合軍の戦いは白村江の戦いと呼び、倭国・百済連合軍は大敗しています。
この敗北は国内の組織改革を一変させるほどの大事件でした。
唐・新羅の侵略を恐れ、多くの防人や古代山城の防衛砦が置かれたのもこのすぐ後の事です。
この事件から約40年後、大宝律令が制定されて倭国は日本という国号を名乗ることになります。

この詩の「今は漕ぎ出でな」の部分は万葉仮名で「今者許藝乞菜」と書かれてます。
「者」は「は」、「許」は「こ」、「菜」は「な」で、ここまでは理解できるのですが、「藝」は「ぎい」ではなく「ぎ」、「乞」は「で」でなく「こ(こふ、こそ)」もしくは「き(つ)」のような気がします。
「乞」でなく「弖」なら「で」と読みことができるのですが、このように訳された理由をご存知の方、コメントをいただければ幸いです。

■ 関連地図

コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


突然の失礼をさせてもらいます。

BC500頃、アマテラスの弟、月読命は、現在の伊予市あたりを治めてました。ちなみにアマテラスは、徳島県の内陸部を治めてました。

AD200年 邪馬台国→やまとこく と読みます。四国のことです。

たいまつ以外の照明の無い、AD600年代に、朝鮮半島まで出兵する際に、わざわざ夜に出航するものだろうかと疑問になってました、

にぎたつの浜で、月の出を待っていたのではなく、月読命の末裔の援軍を待っていたのではないでしょうか。



Posted by 西原 泰治 at 2020年08月25日 14:31
西原様。
当ブログへコメントを頂けてとても嬉しいです。

伊予市には伊予岡古墳群があり、月陵と呼ばれる古墳もあるため、西原様のご意見はとても興味深いです。

邪馬台国は江戸時代に入るまでは普通にヤマトと呼ばれていたそうで、そんな単純ではないはずだと当時の中国語の読み方を参考に「ヤマタイ」と呼ばせたのそうです。
ですので私も西原様のおっしゃる通り、「やまとこく」の読み方が正しいと思います。
場所に関しては、現在も多くの学者さんの間で論争になっていますので分かりかねますが(^^;

また、わざわざ夜に出航する意義についてもおっしゃる通り疑問に思わざるを得ない点ですよね。

ただこの詩の「月」という表現は丁度良い出航のタイミングが来たことを表現するという説もあり、夜に出航したという根拠にはならないという説もあります。

その説に倣えば、出航に際し待ち望んでいた風が吹いたというのが真相だったのかもしれません。

山上憶良が記した類聚歌林には注釈として「天皇、昔日のなほし存れる物を御覧し、当時にたちまちに感愛の情を起す。所以に歌詠を製りて哀傷したまふ」とあり、天皇が昔行われた御幸を思い出し、これから戦争が始まるという現状を憂い作られた「哀傷歌」で、それを額田王が詠んだ、というのが真相だと思われます。

親交の深い国である百済を助けるためとはいえ、大伯皇女もこの御幸中の船上で生まれたばかりですから、正直乗り気ではなかったのかもしれません。
Posted by waka at 2020年08月25日 23:16

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: