かすがのは(よみ人しらず)

短歌 に関する記事

かすがのは けふはなやきそ わか草の
つまもこもれり 我もこもれり よみ人しらず

■ 訳

(もう春になったけれど)春日野をどうか今日は焼かないでくれ。
妻も私も(この野に)篭っているのだから。

■ 解説

「かすがの(春日野)」は現在の奈良県春日山にある野原(歌枕)、「なやきそ(な焼きそ)」はどうか焼かないでくれ(”な〜そ”は禁止:どうか〜しないでくれ)、「わか草の(若くさの)」は”妻”、”夫”、”妹”、”新”に掛る枕詞(若草のみずみずしい様子から)、「こもれり(籠れり)」は隠れている、をそれぞれ意味します。

■ この詩が詠まれた背景

この詩は古今和歌集 第一巻(春歌上 17首目)に収録されています。
「題しらず」とあるため詳細は分かりません。

若草山の山焼きですが、現在も奈良県で行われています。
若草山全体を燃やして早春を告げる行事で、現在は鎮魂、慰霊、防災、平安を祈る行事として行われています。

■ 豆知識

「よみ人しらず」とあるため、作者は不明です。

この詩を本歌取りしたと思われる詩が伊勢物語絵巻十二段(武蔵野)に載せられています。
「むかし、をとこありけり。人のむすめをぬすみて、武蔵野へ率て行くほどに、ぬす人なりければ、国の守にからめられにけり。女をば草むらの中におきて、逃げにけり。道来る人、この野はぬす人あなりとて、火つけむとす。女、わびて、
武蔵野は けふはな焼きそ 若草の つまもこもれり 我もこもれり
とよみけるをきゝて、女をばとりて、ともに率ていにけり。」
と書かれており、ざっくり訳すと、

「昔、男がいた。人の娘をかどわかして武蔵野へ連れて行ったが、(娘を奪った)盗人であったため国守に捕まった。
(男は一緒に駆け落ちしていた)娘を草むらに隠して逃げた。道にやってきた人が、
「この野にはまだ盗人がいるようだ」といい、火をつけようとした。
女はどうしようもなくなってしまい、
「武蔵野をどうか今日は焼かないで。夫も私も(この野に)隠れているのですから。」
と詠んだのを聞いて、(国守は)娘を捉えて共に連れて行った。」
とあります。

■ 関連地図

コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: