有難や(松尾芭蕉)

俳句 に関する記事

有難や 雪をかほらす 南谷 松尾芭蕉

■ 訳

ありがたいことだ。この南谷まで残り雪の涼しさがほのかに立ち込めている。

■ 解説

「かほらす」は霧などが立ち込める様子、「南谷(みなみたに)」は現在の山形県鶴岡市にある羽黒山にかつてあった南谷別院、をそれぞれ意味します。
この俳句に季語はありませんが、「かほらす」=「薫風」「風薫る」として見れば夏の季語となります。

■ この詩が詠まれた背景

この句はおくのほそ道、「出羽三山(でわさんざん)」の中で芭蕉が詠んだ俳句で、前回の続きです。

おくのほそ道には、
「六月三日、羽黒山に登る。
図司左吉と云者を尋て、別当代会覚阿闍利に謁す。
南谷の別院に舎して憐愍の情こまやかにあるじせらる。
四日、本坊にをゐて誹諧興行。
(本俳句)」

(六月三日(1689年7月19日)、羽黒山に登る。
図司左吉という方を訪ね、(彼に取り次いでいただき)、別当代(代表者)である会覚阿闍利にお会いできた。
南谷の別院を宿としてお貸し戴くなど、細やかな慈悲の気持ちで(おもてなし戴いた)。
四日、本坊にて誹諧興行(を行う。)
(本俳句))とあります。

■ 豆知識

作者は松尾芭蕉です。

南谷別院は現在は既に存在しませんが、南谷別院跡として史跡が残されています。

「俳諧興行」とありますが、この時行われたのは八吟歌仙で今回紹介した俳句が発句であり、芭蕉、曽良、会覚、呂丸、釣雪、円入、珠妙、梨水の八人で行われたそうです。

■ 関連地図

コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: