梅の花(藥師張氏福子)

短歌 に関する記事

梅の花 咲きて散りなば 桜花
継ぎて咲くべく なりにてあらずや 藥師張氏福子

■ 訳

(今)咲き誇っている梅の花が(もうじき)散ってしまったなら、桜の花はその跡を継ぐために咲くのに違いないのではないだろうか。

続きを読む

人ごとに(大判事丹氏麻呂)

短歌 に関する記事

人ごとに 折りかざしつつ 遊べども
いやめづらしき 梅の花かも 大判事丹氏麻呂

■ 訳

人それぞれ、思い思いに手折って髪飾りにして宴会を楽しんでいるけれど、何とも素晴らしい梅の花なのだろう。

続きを読む

春されば(小典山氏若麻呂)

短歌 に関する記事

春されば 木末隠りて 鴬ぞ
鳴きて去ぬなる 梅が下枝に 小典山氏若麻呂

■ 訳

春になると、梢の物陰で鶯が鳴いては飛び去っている。
梅の下枝に(また鶯がやってきたようだ)。

続きを読む

うち靡く(大典史氏大原)

短歌 に関する記事

うち靡く 春の柳と 我がやどの
梅の花とを いかにか分かむ 大典史氏大原

■ 訳

(暖かな風に乗って)なびいている春の柳とこの屋敷の梅の花は(いずれも素晴らしい)。
どうして甲乙付けられようか。

続きを読む

梅の花(小監土氏百村)

短歌 に関する記事

梅の花 咲きたる園の 青柳を
蘰にしつつ 遊び暮らさな 小監土氏百村

■ 訳

梅の花が咲いている庭園の、青々とした柳を髪飾りにして、日暮れまで酒宴を楽しもう。

続きを読む